製品紹介

放射線測定システム

ご確認ください

ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
こちらでは、医療機器を適正にご使用いただくため、医師・放射線技師・医学物理士などの医療従事者の方を対象に、医療機器に関する情報を提供しています。
提供している情報は、医師・放射線技師・医学物理士など、医療従事者の方を対象に作成されたもので、一般の方への情報提供を目的にしたものではありません。

あなたは医療従事者ですか?

極小照射野検証microDiamond 人工ダイアモンド検出器

111

microDiamondは、初めて医療用測定のために商用販売された単晶ダイアモンド検出器(SCDD)です。

最新技術で安定製造される人工ダイアモンドは、天然ダイアモンド検出器とシリコン半導体検出器の利点を備えたものです。特別な設計と素材特性により、microDiamondは極小照射野においても精度の良いデータ取得が可能です。

POINT

  • 様々な線質において水に近似した等価性を有します
  • 非常に小さな感度ボリューム(0.004 mm2) – 小照射野検証に最適です
  • 小照射野はもとより、最大40x40cmまでフルフィールドでご利用頂けます
  • X線、電子線、陽子線にて精度よく計測することが可能です
  • 放射線耐久、エネルギー、気温、方向の依存性に優れています
  • 0V駆動であり、印加電圧が不要です
  • 防水型ですので、水中での計測にもご利用いただけます

測定における優れた特性

<線量率依存>

222
パルス繰り返し周波数の依存性(Co60)   パルス対線量の依存性(Co60)

線量率・パルス対線量依存性を最小限に抑えます

線量率は、加速器におけるパルス対線量もしくはパルス繰り返し周波数(PRF)の両変化に影響を受けます。PDDやプロファイル測定時にはパルス対線量の変化、加速器の線量率変化はパルス繰り返し周波数の変化が主に起こります。microDiamond検出器は、極めて少ないパルス対線量依存性、そしてほぼ存在しないぐらいのパルス繰り返し周波数依存性を誇ります。

<フィールド依存>

333

 特別なデザイン設計・素材特性により、極小照射野測定に使用される他の検出器と比較して、microDiamondは最小0.5cm2からスタートして水吸収線量との差異が最も小さいです。 

※比較はP. Francescon et al., Med. Phys. 38 (2011), 6513, and W. Lechner et al., ESTRO Forum 2013のデータを基にしております。