製品紹介

密封小線源治療

ご確認ください

ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
こちらでは、医療機器を適正にご使用いただくため、医師・放射線技師・医学物理士などの医療従事者の方を対象に、医療機器に関する情報を提供しています。
提供している情報は、医師・放射線技師・医学物理士など、医療従事者の方を対象に作成されたもので、一般の方への情報提供を目的にしたものではありません。

あなたは医療従事者ですか?

高線量率アフターローディングシステムBEBIG社製 SagiNova®

aaaSagiNova®は、コバルト60線源またはイリジウム192線源を使用した高線量率ブラキセラピー治療に特化するべく開発されたリモートアフターローディングシステム(RALS)であり、MultiSource®の後継機種として開発された新しいアフターローディング装置です。

 

 

 

 

POINT

  • 使用する線源を選択することが可能です(コバルト60またはイリジウム192)。製品設置後に使用する核種を変更することも可能です。
  • イリジウム192専用モデルをご選択いただいた場合は、コバルト線源に変更することはできません。
  • QAssistにより、医療施設で実施するQA業務のサポートを行います
  • 婦人科領域を始めとした食道、気管支などの腔内照射、舌、咽頭、前立腺などの組織内照射に対応した豊富なアプリケータを使用できます。また、IGBTに対応したアプリケータもご用意することが可能です。
  • 最大50チャンネル(25チャンネル×2回)をサポートしています。
  • インビボドジメトリシステムにより、リアルタイムで直腸・膀胱に対する照射線量を確認することが可能です。

Q&A

コバルト線源は供給できるのか?
メーカーと連絡を密に取っており、半年に一度、コバルト線源の販売計画を立案して、安定供給を図っています。
コバルト線源、イリジウム線源の違いによる収支の違いは?
平成22年度の診療報酬の改定により、新型コバルト線源、イリジウム線源の違いによる、密封小線源治療の腔内照射の診療報酬が同額になりました。また、平成24年度の診療報酬改定により、コバルト線源の線源代金加算が認められるようになりました。
治療室の大きさやコンクリートの壁厚は、どのくらい必要か?
遮蔽計算を行う必要がありますが、治療室の大きさは約10m×8mほどで、コンクリートの壁厚は、コバルト60線源であれば、700mm。出入口扉に鉛3mm程度必要になります。使用時間に余裕を持った構造設備を推奨致します。

小型化されたコバルト線源

co-60-source-lowres_jpg

 

 

 

 

リアルタイムインビボ線量確認

in-vivo-dosimetry-screenshot-dose-monitoring-hires_jpg

販売名:HDRアフターローディングシステム SagiNova
医療機器製造販売承認番号:22800BZX00301000