製品紹介

高精度放射線治療

ご確認ください

ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
こちらでは、医療機器を適正にご使用いただくため、医師・放射線技師・医学物理士などの医療従事者の方を対象に、医療機器に関する情報を提供しています。
提供している情報は、医師・放射線技師・医学物理士など、医療従事者の方を対象に作成されたもので、一般の方への情報提供を目的にしたものではありません。

あなたは医療従事者ですか?

放射線治療計画支援MIM Software社MIM Maestro™

無題MIM Maestro™は、マルチモダリティのイメージフュージョン、各種輪郭描画ツール、アトラスベースの自動輪郭作成、アダプティブ放射線治療や4DCTに対応する、輪郭変形ツールなどを含んだ放射線治療支援ソフトウェアです。このソフトウェアを使用することにより、放射線治療部門の作業効率を大幅に改善することができます。作成した輪郭データはDICOM-RTで治療計画装置へ転送し、治療計画を行います。

POINT

  • マルチモダリティでのイメージフュージョン
  • 自動・手動での輪郭描画や編集
  • PET画像を使用した自動ターゲット輪郭描画
  • アトラスベースでの自動輪郭作成
  • 変形機能による、腫瘍縮小時や4DCTに対応した自動輪郭作成
  • 線量合算機能を使用した、複数治療計画の線量評価
  • 変形フュージョンの精度確認、修正機能
  • MR/CT変形フュージョン
  • 日々の治療前に撮影されているCBCT、MVCTを積極利用したアダプティブ治療のためのレポート機能
  • メニューやヘルプなど、日本語表記可能

atlas

6X9_Postcard

  • アトラスデータベースを使用し、全てのストラクチャーセットを自動生成することができます。輪郭描画に要する時間を劇的に削減します。
  • 複数の医師間で統一された最良の輪郭を作成できます。
  • 拡張可能なエキスパートアトラスデータベースを利用でき、施設独自のデータベースを簡単に作成することができます。

4D tools

Gated CT2

  • 1フェーズから全フェーズの輪郭を変形させながら自動生成することにより、より正確なITVを作成することが可能です。
  • シネでターゲットの全範囲の動きを参照できます。
  • 4Dシネで線量と輪郭を参照できます。
  • 4D計画に必要な全ての画像(PET、MR等)を簡単に利用できます。

adaptive therapy

AdaptiveA2CorrectY

  • 以前の計画CTから現在の計画CTへ、輪郭を変形して自動生成します。
  • すばやく、そして矛盾のない再計画が可能です。
  • 放射線治療前に開始した化学療法による腫瘍サイズの変化や、体型変化により必要となった再治療計画の時間削減ができます。

dose

Dose for brochure 2rev

  • 以前の治療計画の線量を現在の組織の上に変形して表示することにより、再治療時の方法を判断できます。
  • アダプティブ治療において再計画での線量分布を考慮した総照射線量を決定することができます。
  • 複数のモダリティやブースト治療の線量を変形合算することができます。
  • 重要組織への線量許容値を超えることを予防できます。

fusion

fusion

  • 複数のモダリティを計画CTに同時にフュージョンすることができます。
  • 輪郭は任意のフュージョン画像で直接描画し、計画CTに保存することができます。
  • マーカーや一般的なランドマークによる、ポイントベースレジストレーションを使用したアライメントも可能です。
  • 最も重要な場所(ある特定の範囲)に集中したアライメントが可能です。

PET/CT

MIM PET Deformation2

変形させてのアラインメント

  • PET/CTを計画CTへ変形させてレジストレーションすることにより、アライメント精度が改善します。
  • 治療体位で撮影されていないPET/CTも有効利用できます。
  • 腕の位置、顎の角度、テーブルがフラットか曲がっているかなど、診断用PET/CTと治療計画用CTにおいて、ポジショニングが厳格に一致していない場合も使用可能です。

輪郭描画

  • PETエッジ勾配ベース技術でGTVを正確に定義することができます。
  • SUVツールや閾値ツールを使用することもできます。

治療効果

  • PET、CT、MRなどの複数のモダリティによる治療効果の評価が行えます。
  • 任意の時点での自動アラインメントが可能で、比較が簡単です。
  • 差分画像により、検査間の変化を強調表示できます。
  • 輪郭の統計情報を表やグラフで参照でき、スプレッドシートに出力することもできます。

Reg Reveal™ & Reg Refine™

 555変形レジストレーションは線形レジストレーション法を超える優れた進歩として今や確立されましたが、変形レジストレーションの精度を評価する技術が欠けていました。変形レジストレーションの次の最先端は、患者ごとに有効性を保証することです。この欠くことのできない目標に合わせて、MIM Software社は Reg Revealという、変形レジストレーションの品質保証とレポーティングが行える、最初で唯一の環境を発表しました。
Reg Refineは、この重要な進歩をさらに前に進め、変形が最適でない場所を検出するだけではなく、それを修正することが可能となりました。変形の評価と修正を繰り返し行うことが可能なユニークな機能により、線量合算や診断画像の計画CTへのレジストレ ーションなどのような重要なタスクに対する変形レジストレーションの使用法が根本的に変 わりました。今や任意の画像ペアを仮想的に相互に登録可能となり、また、すべての患者のレジストレーション結果の精度を信頼することができます。たとえば、アプリケータの入ったHDR計画CTをEBRT CTにレジストレーションして線量を合算することも、驚くほどの精度で可能です。Reg Revealと Reg Refineにより、 最も困難な画像レジストレーション処理も可能となりました。

MR/CT Deformable

複数モダリティの変形レジストレーションを精度よく行うことは簡単に解決できる問題ではありません。Reg Revealの発表前は、上手く動いたり、動かなかったりというジレンマへの挑戦でした。
Reg RevealとReg Refineにより、MR画像の計画CT画像への変形レジストレーション精度に信頼を持てるプラットフォームをやっと提供することができました。

ART Assist™

555ART Assist はフルカスタマイズ可能な自動処理と自動レポートツールであり、放射線治療中の患者の変化を自動的に定量化するように開発されました。
以前までは患者の再計画を行うかどうか、いつ行うかということの決定には、日々の画像に基づいた適切な定量的情報を作成するのに時間を要するという制限がありました。
いまや重要臓器と線量制約の変化は治療コース全体で追跡でき、元の計画と比較して自動生成されるレポート内に記入されます。ART Assistにより真の線量ガイドアダプティブ放射線治療が可能となります。