製品紹介

放射線測定システム

ご確認ください

ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
こちらでは、医療機器を適正にご使用いただくため、医師・放射線技師・医学物理士などの医療従事者の方を対象に、医療機器に関する情報を提供しています。
提供している情報は、医師・放射線技師・医学物理士など、医療従事者の方を対象に作成されたもので、一般の方への情報提供を目的にしたものではありません。

あなたは医療従事者ですか?

品質管理ツールIMRT/VMAT/SRSIMRT/VMAT 線量検証システムDelta4 Phantom+

 

PhantomPlus

ScandiDos社製Delta4は円筒形PMMAファントム内に直交2面の検出面を配した最新のIMRT/VMAT対応線量検証システムです。

直交2面上に合計1069個のp-typeシリコン半導体検出器を配列しており、この構造により様々な角度からの照射を検出可能です。

これらの特徴から一度の照射で効率的かつ高精度な検証が行えます。

 

 

特長

 delta2all

 

  • 高性能p-typeシリコン半導体検出器を1069個配置。
    n-typeシリコン半導体検出器に比べ、感度低下率、線量率依存性において極めて優れています。
  • 直交2面の構造により、360度⽅向からの照射を検出可能です。
  • リニアックのパルス信号を加味して、詳細なデータ解析を⾏うため、MLCムーブメント等の様々な解析表現が可能です。
  • 治療時と同等の照射を⾏うため、ガントリ角度によるたわみの影響やカウチによる線量減衰等の影響を考慮した検証が可能です。
  • 一度の照射でフラクション、門ごと、セグメントごとなど幅広い解析が可能です。
  • 測定データはWifiによる送信・本体はバッテリ駆動であるため、ケーブルレスでの運用が可能です。
  • ファントム部には電離箱の挿⼊⼝があり、内部での実測が可能です。

Delta4 – The Gold Standard for pre-treatment QA in IMRT, VMAT/Rapid Arc, TomoTherapy, IGRT and SBRT

delta3all必要に合わせて様々なオプションの選択が可能です。

  • VMATオプション
    RapidArc照射、VMAT照射の検証が行えます。
  • TomoTherapy Hi-Art® オプション
    TomoTherapyシステムの検証が行えます。
  • Veroオプション
    Vero 4DRTシステムの検証が行えます。
  • ANATOMY オプション
    ターゲット領域の実測を基にした再計算により、患者CT画像上に線量をオーバーレイします。
  • 4DVH オプション
    再計算されたTransverse/Axial線量分布の表示と、各関心領域に対するDVH評価が可能です。
  • MachineQA オプション
    対称性・平坦度・深部線量・MLC動作(PicketFence)の変動チェックをトレンドグラムとして表示することができます。

 

6D動体プラットフォーム HexaMotion

呼吸による臓器移動を加味した動作検証を施行するために専用設計された先進のユニットです。

主要3軸に回転・傾きを加えることにより、インポートした呼吸波形を可能な限り再現できるよう設計されております。delta4-1

  •  臨床的利点
     実際の呼吸波形を基にシミュレートします。
  •  動作管理のタイミングを知るために
     どの症例では動体管理が必要かを推し量るために、
     実測データを基とした評価が行えます。
  •  効率的な検証に
     必要される様々なデータを効率的に計測可能です。