製品紹介

検証用等価ファントム

ご確認ください

ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
こちらでは、医療機器を適正にご使用いただくため、医師・放射線技師・医学物理士などの医療従事者の方を対象に、医療機器に関する情報を提供しています。
提供している情報は、医師・放射線技師・医学物理士など、医療従事者の方を対象に作成されたもので、一般の方への情報提供を目的にしたものではありません。

あなたは医療従事者ですか?

検証用等価ファントムCube20ファントム

501_07CIRS Model 009 Cube20ファントムは、気軽に使え、また素早いセットアップが重要なIMRTのルーチンQA用にデザインされています。 Cube20ファントムは、線減衰が50keVから25MeVのエネルギー範囲内にて、 実際の水と比べて1%以内となるよう忠実に作られたプラスチックウォーターDTにより製造されています。 このファントムにより、CT撮影から治療線量の検証までのQAを完全に実施することができます。20cm立方というサイズは、 頭頚部と胴体部の両方の治療に適用できるように選びました。 全ての角はCTアーチファクトを避けるために丸められています。
チェンバ、ダイオード、MOSFET検出器を簡単にファントム中央に配置することができ、 全ての面にあるレーザーアライメントマークにより簡単に、 そして正確にファントムを位置づけることができます。 検出器の位置は、縦方向は1mm単位、左右・上下方向は5mm単位で調整することができます。
ファントムにはReady-Pacフィルムを入れることもできます。ファントムを回転することにより、 フィルムを簡単にサジタル、コロナル、アキシャル面にセットすることができます。 ステンレス製マーカーによりCT画像上の位置をはっきりと決定することができ、 フィルム上に小さな印が付くので正確にフィルムを計画に登録することができます。

POINT

  • ルーチンでの患者QA
  • ビームの不変性チェック
  • MLCのQA
  • ユーザーフレンドリーなセットアップとポジショニング
  • 頭頚部と胴体部の両方で使用可能
  • 水と1%以内での再現性