製品紹介

高精度放射線治療

ご確認ください

ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
こちらでは、医療機器を適正にご使用いただくため、医師・放射線技師・医学物理士などの医療従事者の方を対象に、医療機器に関する情報を提供しています。
提供している情報は、医師・放射線技師・医学物理士など、医療従事者の方を対象に作成されたもので、一般の方への情報提供を目的にしたものではありません。

あなたは医療従事者ですか?

DIR QAソフトウェアImSimQAベースモジュール

オプションモジュールの元となるソフトウェアです。このモジュールには仮想ファントムライブラリ、DICOM画像操作、新規DICOM画像作成が含まれています。

仮想ファントムライブラリ
15個の三次元解剖学的構造と幾何学仮想ファントムのライブラリです。これらはすべて編集してDICOM画像としてエクスポート可能であり、独自のカスタマイズファントムを作成して無限のテストが可能です。すべてのファントムは移動、変形、方向変更、組織密度変更などが可能で、CT、MR、PETのDICOMシリーズを生成し、テストアプリにエクスポート可能です。DICOMヘッダーも編集可能です。スライス間隔やFOVなどのパラメータも変更可能です。

仮想ファントムの例:

160926euro

DICOM画像操作

任意のモダリティのDICOM画像をインポート可能で、編集し、新しいDICOMシリーズとしてエクスポートすることができます。サポートモダリティには、CT、MR、PET、MVCT、CBCTを含みます。ストラクチャセットもインポートし、編集・エクスポート可能です。画像にノイズを追加することもできます。
DICOM画像は全体的に移動、回転、再スケール可能で、臨床システムの系統的妥当性を手助けします。さらに大規模な変形には、変形モジュールを使用します。