製品紹介

高精度放射線治療

ご確認ください

ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
こちらでは、医療機器を適正にご使用いただくため、医師・放射線技師・医学物理士などの医療従事者の方を対象に、医療機器に関する情報を提供しています。
提供している情報は、医師・放射線技師・医学物理士など、医療従事者の方を対象に作成されたもので、一般の方への情報提供を目的にしたものではありません。

あなたは医療従事者ですか?

DIR QAソフトウェアImSimQA変形モジュール

変形モジュールでは、AAPM Task Group 132レポート「Use of Image Registration and Data Fusion Algorithms and Techniques in Radiotherapy Treatment Planning」の必須事項を実装することができます。ユーザーは仮想画像組織や実際の画像組織を変形することができます。変形はローカルかグローバルに、任意のユーザー指定組織やオブジェクトに適用することができます。変形適用後、CT/MR/PETの静的、または4D画像シリーズを作成し、3rdパーティーシステムにエクスポートし、たとえば画像フュージョンソフトをテストします。日々の組織変化におけるCT-CBCT IGRT画像マッチ評価、術前・術後のCT-MR画像フュージョン、カーブカウチのMR画像とフラットカウチのCT画像との画像フュージョンなども可能です。

変形モジュールユーザーはまた、追加の10個のライブラリも使用可能です。このライブラリは頭頸部のオリジナルと変形合成ファントムであり、変形データセットは放射線治療中の実際の変化に基づいています。これらから各ファントムに対するグランドトルース変形ベクターフィールド(DVF)を作成しました。これにより、ファントムを任意のシステムのDIRアルゴリズムの精度評価に使用可能です。

臨床システムのテスト用にグランドトルース変形データセットを作成するだけではなく、ImSimQAではグランドトルース変形と臨床データセットとの比較も可能です。比較は4つの方法で可能です。

1.CT画像を視覚的に比較したり、相互情報量と相関係数を使用しての比較

2.輪郭解析比較

3.グランドトルースと臨床での変形ベクターフィールド(DVF)の比較

4.ヤコビアンマトリックス表示(下図)

1646