新着情報

第2回 MIM Maestro ユーザーズミーティングを開催いたしました

2013.03.01

2013年3月2日、大手町サンケイプラザ(東京)にてMIM Maestroユーザーのためのミーティングを開催いたしました。国内の各施設様より様々な使用事例を発表いただき、ご参加くださった数多くのユーザー様 に、大変有意義な情報共有の場だったとご好評いただきました。今後もこのような形のミーティングを継続して開催していく予定です。
今後も弊社では、様々な医療機器の紹介やセミナーなどを通じ、日本の放射線治療に貢献していきたいと考えております。

弊社セミナー

 座長
 溝脇 尚志 先生  (京都大学大学院医学研究科 放射線腫瘍学・画像応用治療学)

 プログラム
1. MIM Maestro 現在までに追加された機能について
  ●弊社 技術部 国遠 幸司

2. MIM Maestro Ver.6新機能
  ●千葉県がんセンター 放射線治療部物理室 小玉 卓史 先生

3. 肺の変形フュージョンの精度評価
  ●京都大学大学院医学研究科 放射線腫瘍学・画像応用治療学 宮部 結城 先生

4. 肺癌に対するPET画像を利用した放射線治療計画;MIM Maestroの有用性と注意点
  ●福井県立病院 核医学科 玉村 裕保 先生

5. 前立腺癌小線源治療におけるMIM Maestroの活用
  ●金沢大学附属病院 放射線治療科 熊野 智康 先生

6. 治療計画装置間移動によるROIの体積変化に関する検討
  ●名古屋市立西部医療センター 放射線治療科 岩名 真帆 先生

7. 陽子線治療施設でのMIM Maestroの利用方法(輪郭、線量分布、DVH)
  ●名古屋陽子線治療センター(名古屋市立西部医療センター) 林 建佑 先生

8. フリーディスカッション

第2回MIM Maestro ユーザーズミーティング会場風景 第2回MIM Maestro ユーザーズミーティング会場風景