会社案内

メッセージ ~創業30周年を迎えるにあたって~

当社は1989年(平成元年)11月に創業をして、2019年に30周年を迎えます。

 

当時は、代表取締役である小職と「代表取締役を取り締まる役の大西」の2名での起業となりました。

 

現在は、社員数も約40名となり、これもひとえに皆様方のご支援の賜物であると感謝の念に耐えません。

 

関連学会である日本放射線腫瘍学会(JASTRO)と同時期の起業となり、JASTROの背中を追いかけながらの事業を展開してまいりました。

 

起業当時の放射線治療に対する医学的・社会的な評価は決して高いものではなく、癌の終末医療において「他の手段が無いから放射線治療でもしておこうか」などと、現在では信じられない見方もありました。

 

この30年間の放射線治療の発展は筆舌につくしがたいものがありますが、開始当時は特殊な治療法と認識されていたIMRT(強度変調放射線治療)が、現在では標準的な治療法となりつつあることが一番大きな変化だと思います。

 

小職としては、「JASTROの繁栄なしには、日本の放射線治療の発展はない」という理念に基づき、一企業として微力ではありますが、JASTROの法人化や賛助会員制度の整備などに尽力してまいりました。

近年では高精度の放射線治療に欠かせない、医学物理士の育成のため、医学物理学会への寄与も継続していく所存です。

 

当社の事業ミッションとしては、取扱っている、すべての輸入製品に対して、サポート体制を充実させて、出来る限り「製造国と同じレベル」でご使用いただけるような体制を継続・保持・進化させていくことです。

 

また、2017年より社内に「医学物理室」を開設いたしました。現在2名の医学物理士が在籍していますが、お陰さまで、外部の優秀な医学物理士の方々にもご支援いただいております。

 

放射線治療がより多くの患者さんの治療に役に立つためには、「外科治療に勝ちきる放射線治療の提供」が必須となる時代がそこまで来ていると感じております。

 

「外科治療に勝ちきる」ためには、放射線治療施設間の治療レベルを均てん化する事が必要不可欠です。
外科治療の「不確かさ」である「術者のレベル差」と比べると、放射線治療の「不確かさ」である「治療施設のレベル差」は、一般的にはやや分かりにくいものですが、当社としては、医学物理室を中心として、各関連学会や同業企業と連携して、放射線治療施設のレベルの均てん化の実現に向けて邁進してまいります。

 

何よりも放射線治療を受診する患者さんのために、また、今まで当社を支えていただきました放射線治療の関係者の皆さまのために、少しでもお役に立てるよう、感謝の気持ちを大切に歩みを進めて行きたいと思っております。

 

代表取締役社長 谷 義正

 

会社概要

商号 ユーロメディテック株式会社
(英語表記名:EURO MEDITECH CO., LTD. )
代表者 代表取締役社長 谷 義正
所在地 [ 本社 Main office ]
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-20-4 NMF高輪ビル 8F Access Map
TEL:03-5449-7585 / FAX:03-5449-0234
NMF Takanawa Bldg., 8F
2-20-4, Higashigotanda, Shinagawa-ku, Tokyo 141-0022
TEL:+81-3-5449-7585 / FAX:+81-3-5449-0234
[ 大阪支店 Osaka office ]
〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋1-15-7 クリスタルビル 4F Access Map
TEL:06-4800-3060 / FAX:06-4800-3061
CRYSTAL BLDG., 4F
1-15-7, Tenjinbashi, Kita-ku, Osaka 530-0041
TEL:+81-6-4800-3060 / FAX:+81-6-4800-3061
設立 1989年11月
取扱い品目 放射線治療装置
放射線治療支援システム
放射線測定装置
放射線治療用固定具
その他
許認可 医療機器各種許可証の閲覧はこちら

沿革

1989年11月 東京都品川区大崎に資本金2000万円にて創立
1990年1月 ベルギーORFIT社、ドイツHEK社(現Eckert & Ziegler BEBIG社)、
ドイツSTS社(現Eckert & Ziegler BEBIG社)と代理店契約締結
1990年10月 ドイツPTW社と放射線治療用測定器に関する総代理店契約締結
1991年1月 癌研究会附属病院に国内初の高線量率RALS、ブフラー・factsを納入
1994年1月 大阪支店を大阪市中央区高津に開設
1994年5月 アメリカINFIMED社と総代理店契約締結し、EPID “THERAVIEW”の販売開始
2000年6月 アメリカZMED社(現Varian社)と総代理店契約締結し、LINAC スカルペルの販売開始
2002年7月 福岡大学病院にドイツBEBIG社製(現Eckert & Ziegler BEBIG社) Co-60/Ir-192線源選択型高線量率RALS multisourceの一号機を納入
2003年12月 前立腺永久刺入療法開始にともない、東京医療センターにアメリカVarian社製 治療計画装置 VARISEEDの一号機を納入
2005年7月 R-TEC社とドイツPTW製品に関する総合サポートに関する業務提携契約を締結
2005年12月 業務拡大にともない、大阪支店を大阪市北区天神橋に移転
2006年3月 業務拡大にともない、本社を東京都品川区東五反田に移転
2008年2月 アメリカCIRS社と放射線治療用ファントムに関する総代理店契約を締結
2008年3月 アメリカRadionics社と放射線治療プロダクトの総代理店契約を締結
エレクタ株式会社とメディカルインテリジェンス製品の代理店契約を締結
2009年2月 スウェーデンScandiDos社と総代理店契約を締結
2010年1月 アメリカMIMvista社(現MIM Software社)と代理店契約を締結
2013年9月 フランスAQUILAB社と総代理店契約を締結
2015年6月 イギリスVisionrt社と販売代理店契約を締結
2016年7月 アメリカMobius Medical Systems社(現Varian社)と販売代理店契約を締結
2017年4月 医学物理室開設
2017年4月 M&Aにて「シップヘルスケアホールディングス株式会社」に統合
2018年2月 コミッショニングサポート「RapidCom」事業開始