製品紹介

高精度放射線治療

ご確認ください

ホームページへアクセスいただきありがとうございます。
こちらでは、医療機器を適正にご使用いただくため、医師・放射線技師・医学物理士などの医療従事者の方を対象に、医療機器に関する情報を提供しています。
提供している情報は、医師・放射線技師・医学物理士など、医療従事者の方を対象に作成されたもので、一般の方への情報提供を目的にしたものではありません。

あなたは医療従事者ですか?

放射線治療計画支援MIM Software社 MIM Maestro®

 

MIM Maestro®は、マルチモダリティのイメージフュージョン、各種輪郭描画ツール、アトラスベースの自動輪郭作成、アダプティブ放射線治療や4DCTに対応する放射線治療支援ソフトウェアです。

輪郭作成やDIR機能だけではなく、データ管理や自動化機能もありますので、放射線治療部門の作業効率を改善することができます。

POINT

  • マルチモダリティでのイメージフュージョン
  • 自動・手動での各種輪郭描画ツール
  • PET/CT画像を利用したターゲット入力
  • アトラスベースでの自動輪郭作成
  • 変形機能による、再治療・腫瘍縮小・4DCTでの自動輪郭作成
  • 線量合算機能を使用した線量評価
  • 変形フュージョンの精度確認、修正機能
  • CT-MR変形フュージョン
  • 日々のCBCT、MVCTを利用したアダプティブ治療のためのレポート機能
  • メニューやヘルプなどの日本語表記

自動輪郭作成

  • アトラスデータベースを使用し、全てのストラクチャーセットを自動生成することができます。輪郭作成に要する時間を減らすことが可能です。
  • 複数の医師間で統一した輪郭を作成できます。
  • 施設独自のデータベースを作成することができ、また、メーカー提供や他施設のものも利用可能です。
  • CoPilotツールにより、スライスごとに変形しながらの輪郭描画が可能です。

アダプティブ治療

 

  • 以前の計画CTから現在の計画CTへ、輪郭を変形して自動生成します。
  • いつ再計画を行うのか、ART Assist™ツールにより日々の腫瘍サイズや線量変化をレポート出力し、再計画時期の決定を手助けします。

マルチモダリティフュージョン

  • 2つ以上のモダリティを同時にフュージョンし、1画面内で表示することができます。
  • マーカーやランドマークを使用したポイントベースレジストレーションや、合わせたい範囲を指定したレジストレーションも可能です。

PET/CT 変形

  • PET/CTを計画CTへ変形させてレジストレーションすることにより、PET画像を使用してより正確にターゲット入力が可能となります。
  • 治療体位で撮影されていないPET/CTも利用できます。

PET Edge®

  • 勾配ベーステクニックで腫瘍部分を正確に輪郭描画することができます。
  • 腫瘍サイズやバックグランドが異なっても精確に使用可能です。
  • ユーザー間で大きな誤差なく輪郭描画が可能です。

輪郭の後処理


MIM Workflows™を使用することにより、CTVからのPTV作成や輪郭の重なってる部分の抜き出しなど、輪郭に対する後処理を簡単に自動化することができます。

4D ツール

  • 4DCTの分割処理や前後スライスを使用した微調整が可能です。(GECTに限る)
  • 1フェーズのGTVから全フェーズへ輪郭を変形させ、簡単にITVを自動作成することが可能です。
  • シネ表示でターゲット動きや線量評価が可能です。また4DCTでの線量合算も可能です。
  • MIP画像も簡単に作成できます。

変形線量合算

 

  • 以前の治療計画CT上の線量を、再計画CT上に変形して表示・合算することにより、過去の治療を考慮して計画を行うことができます。
  • BED線量変換機能により、異なる治療モダリティの線量を評価することもできます。

Reg Reveal™ & Reg Refine™

 

  • Reg RevealはAAPM TG-132にて記載されている患者ごとのQAを行うためのツールです。
  • Reg Refineは変形結果の確認だけではなく、変形の上手くいっていなかった部分を修正することが可能です。変形線量合算には変形結果の精度が重要です。
  • Reg Refineを使用することにより、CT-CTだけではなく、任意のモダリティの変形を行うことが可能です。

ART Assist™

ART Assist はフルカスタマイズ可能な自動処理・自動レポートツールであり、治療中の患者の変化を自動的に定量化するために開発されました。
患者の再計画を行うかどうか、いつ行うかということの決定は、日々の画像を使用して定量的に判断するのには時間を要するという制限がありました。ART Assistを使用することにより、重要臓器や線量制約の変化を治療コース全体で追跡でき、元計画と比較したレポートを自動生成可能です。

ART Assistにより真の線量ガイドアダプティブ放射線治療が可能となります。

プランレビュー

MIM Maestroでは、輪郭・等線量曲線・ビーム角度・DRR画像など、すべてのプランを一箇所で確認することができます。MIMはベンダー中立なので、どのメーカーの治療計画装置からも線量・プランをインポート可能であり、異なる計画装置間での計画を比較可能です。

販売名:MIMマエストロ
医療機器製造販売承認番号:22900BZX00254000
一般的名称:放射線治療計画プログラム