Products 製品紹介

当サイトは医療向け情報を含んでおります。医療向け情報の公開は、医療従事者に限定されています。ご希望されたページは医療関係のお客様への情報提供を目的としており、一般の方や患者様への情報提供を目的としたものではございませんので、何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

あなたは医療従事者ですか?

製品概要

密封小線源治療・刺入支援システム

SagiNova

SagiNova®は、コバルト60線源またはイリジウム192線源を使用した 高線量率ブラキセラピー治療に特化するべく開発されたリモート アフターローディングシステム(RALS)であり、MultiSource®の後継 機種として開発された新しいアフターローディング装置です

POINT

Point ポイント

  • 使用する線源をコバルト60またはイリジウム192より選択可能
  • 製品設置後に使用する核種を変更することも可能(イリジウム192専用モデルでは変更不可)
  • QAssistにより、医療施設で実施するQA業務をサポート
  • 婦人科領域をはじめとした食道、気管支などの腔内照射、舌、咽頭、前立腺などの組織内照射に対応した豊富なアプリケータ
  • 剛性が高く、軽量でアーチファクトの少ないIGBT対応各種アプリケータによって、柔軟な線量分布を作成
  • 最大50チャンネル(25チャンネル×2回)をサポート

機能・特徴

Q&A

コバルト線源は供給できるのか?
メーカーと連絡を密に取っており、半年に一度、コバルト線源の販売計画を立案して、安定供給を図っています。
コバルト線源、イリジウム線源の違いによる収支の違いは?
平成22年度の診療報酬の改定により、新型コバルト線源、イリジウム線源の違いによる、密封小線源治療の腔内照射の診療報酬が同額になりました。また、平成24年度の診療報酬改定により、コバルト線源の線源代金加算が認められるようになりました。
治療室の大きさやコンクリートの壁厚は、どのくらい必要か?
遮蔽計算を行う必要がありますが、治療室の大きさは約10m×8mほどで、コンクリートの壁厚は、コバルト60線源であれば、700mm。出入口扉に鉛3mm程度必要になります。使用時間に余裕を持った構造設備を推奨致します。

小型化されたコバルト線源

薬事情報

  • 販売名:HDRアフターローディングシステム SagiNova
  • 医療機器製造販売承認番号:22800BZX00301000
  • 高度管理医療機器
  • 非中心循環系アフターローディング式ブラキセラピー装置(JMDNコード:38300003)

Contact us お問い合わせ

本社

Tel: 03-5449-7585

受付 / 9:00~18:00 土日祝を除く

大阪支店

Tel: 06-6131-2180

受付 / 9:00~18:00 土日祝を除く