Products 製品紹介

当サイトは医療向け情報を含んでおります。医療向け情報の公開は、医療従事者に限定されています。ご希望されたページは医療関係のお客様への情報提供を目的としており、一般の方や患者様への情報提供を目的としたものではございませんので、何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

あなたは医療従事者ですか?

製品概要

電位計

UNIDOS® Tango/Romeo

UNIDOS® Tango/Romeo は前身機種のUNIDOSweblineで培われた経験をもとにPTWが新開発したリファレンスクラスの電位計です。
オートスタート/オートストップ機能、リーク電流の少ないM型を含めた各種コネクタ対応などの特徴を踏襲しつつ、タッチパネル液晶モニタの採用や日本語表示によって操作性が向上しました。
従来のLANによるデータ通信に加えて無線LANも使用可能となっており(Tangoのみ)、スマホ・タブレット端末上での結果確認も可能となっています。

メーカーWebページはこちら

POINT

Point ポイント

  • 高品質のリファレンスクラス線量計(放射線治療/診断領域/放射線防護に対応)
  • 分解能(電流): 0.1 fA (Tango) / 1 fA (Romeo)
  • 大きさ 約60%・重量 約50%に小型化(UNIDOS webline比)
  • 日本語対応タッチパネル5インチカラーディスプレイ
  • WiFi対応、スマートフォンでの操作(※Tangoのみ)
  • インテリジェントディテクタ認識機能(※Tangoのみ)

機能・特徴

高性能

UNIDOS® TangoとRomeoは、IEC 60731の性能要件を超えるリファレンスクラスエレクトロメーターです。さらにTangoは、IPEMの性能要件を超える二次標準リファレンスクラスのエレクトロメーターです。

あらゆるアプリケーションにおいて高速で信頼性の高い高精度な結果を提供します。業界をリードするアンプ技術を搭載しているため非常に安定しており、起動してすぐに使用することができます。

広い測定範囲と利用可能な最高の分解能(0.1 fA)を持つUNIDOS® Tangoは、極小照射野の線量測定などで高精度な測定に最適なツールです。

接続性 *Tango

タッチスクリーン、有線LAN、WiFiなど様々な操作が可能です。 タッチスクリーンでの直感的な操作でスタンドアロンエレクトロメーターとして、またはパソコンからリモートコントロールすることもできます。

UNIDOS® TangoはスマートフォンやタブレットなどのWiFi対応デバイスを使用し、内蔵ウェブサーバへアクセスすることも可能です。複数の接続オプションを備えたスマートエレクトロメーターとして、信じられないほど簡単で柔軟な操作が可能です。

インテリジェントディテクタ認識機能(IDR) *Tango

UNIDOS® Tango は、検出器の管理と識別を自動化した世界初のエレクトロメーターです。検出器ごとのデータマトリクスコードとインテリジェントな2D コードスキャン技術を使用することで、特に複数のエレクトロメーターと様々な検出器が使用されている臨床環境において、時間を節約し、データ誤入力の可能性を取り除けます。

オールインワンコード

リファレンス線量測定に適したPTW 社製の各検出器には、固有のデータマトリクスコード(DMC) を含む校正証明書が付属します。これには検出器固有の情報のすべて、例えば検出器名やシリアルナンバー、校正係数、校正日などが記載されています。

スキャンコード

UNIDOS® Tango の検出器データベースの更新は非常に簡単です。検出器データベースのDMC アイコンをタップして、校正証明書のデータマトリクスコードを装置のカメラに向けるだけです。内蔵の2D コードスキャナがコードを読み取り、自動的にすべての検出器固有情報をUNIDOS® Tango の検出器データベースに登録します。

検出器の識別

測定の準備はできましたか?
測定用検出器のラベルに印刷されているデータマトリクスコードをカメラにかざしてください。内蔵2D コードスキャナがコードを読み取り、検出器データベースに保存されている正しい検出器を呼び出します。

自動化

個々のユーザープロファイルを使用して、セットアップ時間を短縮し、測定の一貫性を向上させることができます。頻繁に行われる測定や特定の測定タスクのためのお気に入りの装置設定や検出器パラメータ(例:好ましい測定検出器、ユーザー定義の補正係数、測定範囲)は、パスワードで保護されたユーザープロファイルとして保存することができます。

直感的

5 インチの優れた静電式タッチスクリーンはすっきりとしていて、操作が簡単な多言語ユーザーインターフェースを提供、関連するすべての設定に瞬時にアクセスすることができます。スクリーン上には測定値やその他の情報を常に明瞭に表示し、どのような角度からも視認できます。

汎用性

測定値は自動的にメモリに保存され、すぐにレビューできます。直近50 回の測定値にアクセスして、その場で平均値と標準偏差を素早く計算できます。すぐに使える検出器テンプレートを備えた総合的な検出器データベースにより、最大100 台の検出器とその校正データを一箇所で簡単に管理することができます。測定値をTrack-it データ管理ソフトウェアにエクスポートしての文書化や、オプションのBeamDose ソフトウェアを使用しての不変性モニタリングも可能です。

製品仕様

仕様 次の規格に完全準拠したリファレンスクラスエレクトロメーター
IEC60731(放射線治療)、IEC61674(放射線診断)、IEC62467-1(ブラキセラピー)
IPEM*(二次標準エレクトロメーター)

JSMP*(JCSS校正が必要)
チャネル数 1
ディスプレイ 静電容量式タッチスクリーン搭載、5インチカラーディスプレイWVGA (800 x 480 ピクセル)、バックライト付き
サポート言語 ドイツ語、 英語、スペイン語、イタリア語、フランス語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、日本語
2Dコードリーダー データ マトリクス コード スキャナー*
接続インターフェイス LAN, TCP/IP, 100 Mbit/s, IPv4/6
無線LANアクセスポイント 802.11ac/b/g/n, WPA2, up to 800 Mbit/s*
USB 2.0 ホスト, Type A (700 mA)
寸法 201mm(W) × 120mm(H) × 253(D)mm(脚部を含む)
重量 3 kg
電源 (100 – 240)V, (50/60)Hz
測定レンジ (IEC 60731準拠、リファレンスクラス)
電流:400 fA ~ 2.6 μA
電荷:4 pC ~ 9.3 C
分解能

電流:1 fA (0.1 fA*)
電荷:10 fC (1 fC*)

操作モード MEAS:マニュアル スタート/ストップ – 連続測定
AutoMEAS:オート スタート/ストップ
 放射線トリガーよりオートスタート/ストップ、 すべての計測値を加算
AutoMEAS & RESET:オート スタート/ストップ およびリセット
 放射線トリガーよりオートスタート/ストップ、計測時に前回値をリセットした後に計測開始
INTEG:事前に定義された時間のみ計測
再現性 < ±0.25 %(≤±0.25 % IEC60731)
長期安定性 ≤ ±0.1 % (≤±0.5 % over one year, IEC60731)
応答時間 < 1.5 秒 (<3s (90 % response), IEC60731)
非直線性 ≤ ±0.25 % (≤±0.5 % IEC60731)
ゼロドリフト ≤ ±0.25 % (≤±0.5 % IEC60731)
バイアス電圧 ± 400 V(±0.5 V)@1 Vステップで設定可能
ゼロ調 約85秒
付属品 セット内容: 傾斜台, LANケーブル, 電源ケーブル

*UNIDOS Tango のみ適用

TangoとRomeoの比較

  Tango Romeo
2Dコード対応 ×
WiFi対応(スマホ対応) ×
タッチスクリーン
規格準拠

IEC60731(放射線治療)
IEC61674(放射線診断)
IEC62467-1(ブラキセラピー)
IPEM(二次標準エレクトロメーター)

JSMP(JCSS校正が必要)

IEC60731(放射線治療)
IEC61674(放射線診断)
IEC62467-1(ブラキセラピー)
分解能 電流:0.1 fA
電荷:1 fC
電流:1 fA
電荷:10 fC

Contact us お問い合わせ

本社

Tel: 03-5449-7585

受付 / 9:00~18:00 土日祝を除く

大阪支店

Tel: 06-6131-2180

受付 / 9:00~18:00 土日祝を除く