Products 製品紹介

当サイトは医療向け情報を含んでおります。医療向け情報の公開は、医療従事者に限定されています。ご希望されたページは医療関係のお客様への情報提供を目的としており、一般の方や患者様への情報提供を目的としたものではございませんので、何卒ご理解下さいますようお願いいたします。

あなたは医療従事者ですか?

製品概要

二次元・三次元 配列型検出器

OCTAVIUS Detector 1600SRS

多くの実績のあるOCTAVIUS Detector 1000 SRSを進化、内蔵チェンバを5割以上増加し、1521個の液体イオンチェンバ(2.5 × 2.5 × 0.5 mm3=0.003 cm3)を配置しました。

対応測定範囲も15 × 15 cm2に拡大し、シングルアイソセンタ・マルチターゲットの測定も可能です。中心部 6.5 × 6.5 cm2には分解能 2.5 mmで729個のチェンバを配置。フィルムレスでの患者QA及びマシンQA、あらゆる定位放射線治療計画に対してのエラー検出が可能となりました。

POINT

Point ポイント

  • 0.003㎤の液体イオンチェンバを1521個搭載
  • 15cm×15cm(中心間距離2.5mmの高密度エリアは5cm×5cm)のフィールド線量測定が可能
  • OCTAVIUS 4Dシステムと組み合わせて、3次元的な患者プラン検証が可能

機能・特徴

マルチターゲットSRS にも理想的なサイズ

定位放射線治療においては高い照射精度、とりわけ位置の精度が最も重要になります。この位置精度は、患者個々に対して検証しなければなりません。
OCTAVIUS Detector 1600SRS は2 次元の患者QA はもちろんOCTAVIUS4D ユニットと組み合わせることで、3 次元的な患者プランの検証が可能となります。この検出器が持つ2.5 mm という高い空間分解能と15 cm という広い検出器エリアによって定位放射線治療、特に広範囲なマルチターゲットでの定位放射線治療症例( 例: 転移性脳腫瘍) における患者QA に適しています。

  • 1度の測定で複数ターゲットの 3次元検証が終了
    • 治療カウチや検出器をシフトさせての繰り返し測定が不要であるため、検証にかかる時間を短縮することが可能
  • 線量と位置のずれを評価するため、3 次元でのガンマ解析を実施します。また、計算線量分布に対する測定線量分布のオフセットを計算します。

近年、LINAC/ 治療計画装置メーカーは、単一アイソセンタで複数のターゲットのSRS 治療を効率的に行うための新しい手法を開発しています( 例:Varian HyperArc, Brainlab Elements® Multiple BrainMets SRS)。

これらのアプリケーションでは多くの場合、15 × 15 cm2 の検出器でカバーできるエリアに複数のターゲットボリュームが含まれています。

検証部位ごとにファントムを選択可能

OCTAVIUS 4D の測定においては、OCTAVIUS Detector 1600SRS をOCTAVIUS Top SRS plusと組み合わせて使用することができます。
OCTAVIUS Top SRS plus は直径21 cm の均質な半円柱形状なので、脳SRS における実際の頭部の解剖学的構造によく一致します。

さらにOCTAVIUS Detector 1600SRS は、SBRT( 例: 肺転移などの定位放射線治療) やその他の目的として、直径32 cm の均質な円柱ファントム(OCTAVIUS Top Standard) と共に使用することもできます。

SRS/SBRT のコミッショニング

PTW 社製 OCTAVIUS Detectors は、平面線量測定のための正確なツールであることが証明されています。
特に放射線治療の現場でSRS/SBRT の技術を導入しようとしている施設には、OCTAVIUS 1600SRS をご使用いただくことによって、コミッショニングプロセスを簡便に行えるようサポートします。

ノンコプラナ定位放射線治療のための真の検証システム

従来のSRS 治療あるいは、Varian HyperArc™ やBrainlab Elements®Multiple Brain Mets SRS のような最新の単一アイソセンタSRS 治療では、コプラナビームとノンコプラナビームを組み合わせて使用することで、線量の適合性を向上させています。
OCTAVIUS 4D と新しいOCTAVIUS Detector 1600SRS の組み合わせは、ノンコプラナビームを使用するSRS 治療の真の3 次元検証に理想的なツールと言えるでしょう。

  • ノンコプラナビームを含む SRS 治療計画における厳密な 3次元検証に
    • 測定のためにカウチを動かさなくても実際の角度での検証が可能
    • 専用の解析ソフト“VeriSoft” が、DICOM RT プランから全てのカウチ角度を自動的に読み取り、これを考慮して線量を再構成
  • 90°から 270°までのカウチ角度は対応
    • ビームの品質に関してカウチ角度の制限なし

製品仕様

製品概要 1521 個の液体イオンチェンバを内蔵した二次元平面検出器
用途 IMRT/VMAT 患者検証
マシンQA
オンラインビーム調整
測定項目 絶対線量率・絶対線量
測定範囲 0.1 – 24 Gy/ 分
測定分解能 0.1 mGy, 0.1 mGy/ 分
デッドタイム 0
表示サイクル 100 – 800 ミリ秒
検出器タイプ 液体充填式平行平板イオンチェンバ
検出器配置 中心部(6.5 cm × 6.5 cm): 2.5mm 間隔
周辺部(15 cm × 15 cm): 5mm 間隔
レスポンス 16 nC/Gy
検出器サイズ 2.5 mm × 2.5 mm × 0.5 mm(0.003 cm3)
検出範囲 15 cm × 15 cm
外形寸法 300 mm × 420 mm × 22 mm(W × D × H)
重量 5.9 kg

関連する製品

Contact us お問い合わせ

本社

Tel: 03-5449-7585

受付 / 9:00~18:00 土日祝を除く

大阪支店

Tel: 06-6131-2180

受付 / 9:00~18:00 土日祝を除く